おしらせ

2020年11月17日
大人には真似できない!?自然物アート

今日は鳩の子みんなで集めたドングリや葉っぱを使ってアート遊びをしました。
制作との違いは出来上がりが1人ひとり違うこと。

まずは土台に粘土を押し入れていきました。
自分でちぎったり丸めたりしながら敷き詰めていきました。
土台にいれて、その中で手で押したほうがたくさん広げられることがわかった子もいて、見ていて面白かったです。

続いて装飾🌰
沢山のドングリや木の枝、葉っぱから自分の好きなものをのせていきました。
やはり自分なりのこだわりを見せる子が多く、同じドングリでも、極力同じくらいの大きさを見つけて装飾していく子、木の枝の長さを見て、自分好みの長さを見つけて飾っていくこ子、様々でした。
立体的に組み立てていけるようになるのもこの歳の特徴ですね。

 

中でも驚かされたのは、装飾の最後の方に松ぼっくりを取った子が
、その松ぼっくりを置く、ではなく、松ぼっくりを剥く!という方法でした。
そして自分のタイミングで剥くのをやめて、残った松ぼっくりを飾って完成させました。
子どもの感性には驚かされます。

出来上った作品は見事なまでにアートな作品にできあがりました!

おしらせ お問合せ