おしらせ

2020年10月27日
生き物と仲良く(エコエデュ公園自然遊び)

今日はエコエデュさんによる自然公園遊びの日。
今日は、生き物と仲良くなるがテーマ。
今日は新通公園で、昆虫や幼虫との触れ合いを楽しんできました。

まずはコオロギ。
事前にエコエデュさんが準備してくれたコオロギをシートに放しました。
初めは跳ねたりするコオロギに遠目から見ている子たち。
エコエデュさんがコオロギの持ち方を教えてくれたり、「スベスベしてて気持ちいいんだよ〜、触ってごらん!」の声に徐々に近づいていき、大人が捕まえているコオロギを近くで観たり、触ったりしている子がでてきました。
コオロギの次はバッタ、幼虫、ハサミ虫と色々な虫が登場して、その予測不可能な動きをする度に驚いていました。

 

 

次はネットのテントを広げてその中に蝶々🦋を入れて中で観察する企画もありました。
普段は飛んでいるのを発見できても、近くでマジマジ観る機会がない蝶々を、みんな楽しそうに観ていました。
近くで一緒にいられる特別感が最高だったようで、夢中になってずっと出てこない子もいました。

 

 

後半の方になると、初めは「虫さん嫌い、触りたくない!」なんて言っていた子がコオロギを持ってドヤ顔していたのには驚きでした!笑
しかも、エコエデュさんが教えてくれた通り、優しく持ってあげてね、というお願いもしっかり守れていました👏

 

コオロギをカゴに入れたあと、草や瓦、ご飯はお水を入れてお部屋を完成させました。
ただ飼うだけでなく、今日のような体験を通して生き物への興味や優しさをもった上で飼うのとは大きな違うとのこと。
園に帰った後も、コオロギがどんなものを食べるのか、先生達と楽しそうに話していました。
これから鳩の子たちがどんな様子でコオロギを観察していくのか楽しみです。

 

 

 

 

 

おしらせ お問合せ